ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

カーテンは自分で作る。

a0167750_941680.jpg
カーテンってお値段高いです。(既製品を量販店で買えば安くすみます)
自分の好みの生地でオーダーカーテンを揃えよう、家を新築したor引越ししたのでカーテンを全部揃えようという方々が決まって口にするのは「布って、結構な値段するんだね・・・」。そうよ!いい布って高いのよ!(だから、いい布でモノを作るには原価がかかるのですわ。。。)
そんなわけで、わが家のカーテンは全て私が作りました。って言っても、生地を買ってきて、水通し後端を2つ折りにして、ミシンでダダッーと縫った簡単なものです。こちらはアイリッシュリネンの白ですが、カーテンを閉めっぱなしにしても、適度に光が入るし、膨張色の白だから狭い1ルームも広く見える効果があります。リネンのカーテン、お値段調べた事はないけど、いい値段になると思いますが、自分で作れば生地代だけですから、かなりのプライスダウン。
「ウチにはミシンがない」とおっしゃる方でも、きっと周りのお友達の中で絶対誰かしらミシン保有者はいると思われるので、お邪魔して使わせてもらったり、もし持っている人が誰もいなくても手縫いでも問題ありません。カーテンなんて縫い目をマジマジと見る人はいませんから~~
ただ、気をつけることは寸法です。長すぎるのはダメだし、つんつるてんもダメです。窓枠の寸法をきちんと測って、余分な寸法&縮み分(布は縮みますから)を入れて購入です。きちんとした生地屋さんでしたら、ちゃんと購入すべき寸法を教えてくれます♪
a0167750_9533221.jpg
ウチは賃貸のわりには特殊な窓なので、既製品のカーテンは使えません。Umbra社のつっぱり棒を使用して、即席カーテンレールを作りました。つっぱり棒、色々探してみても、ほとんどがプラスチックのやつ・・・(よく押入れをクローゼットに変身させるアレです!)壁に穴を開けられるのであれば、洒落たポールがたくさんありますが、ご入用なのはあくまでも穴を開けずに済む「つっぱり棒」!という事で、こちらがデザイン・寸法・お値段ともに1番良かったです。
a0167750_1017176.jpg
あとは、こういったクリップを通して布を挟むだけです。こちらは、賃貸住宅の既に備え付けされているカーテンレールに対しても、フックとして使用可能ではないでしょうか?
今後、引越しをしたら今使っているカーテンは使えなくなる事必須ですが、質の良い生地だと他にも使い道が出てきます。何かのカバーにしたり、汚れたら台ふきんにも出来ますし。最後の最後まで使えます。
a0167750_10211340.jpg
あと、窓だけではなく部屋の仕切りにも。ウチには玄関ドアから一切ドアがなく、冬は寒いのですよ。築年数古いから、隙間風すごい入るし~~これはマリメッコの生地で作りました。ドア代わりで面積とるものだから、たかが「仕切り」でも、手を抜かずに布を選ぶことをオススメします♪


昨日は会社から帰ったら、いつもにまして速攻夜ご飯の用意をしました。
(いつも自己流の煮魚を、時々利用するこちらのサイトをお手本にしたら、すごくおいしく作れました!ニヤニヤして食べちゃったわ)
というのは、9時からのドラマ「フリーター、家を買う」と10時からのドラマ「セカンドバージン」を観るからであった。2時間連続でテレビを平日観るのは、毎日早起きの私にとっては大変なことなのです~
[PR]
by midoriiro2010 | 2010-10-20 00:00 | インテリア・住まい
<< 多摩川土手沿いウォーキング大会 ミナペルホネン展覧会 >>