ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

ものが出来るまで。

a0167750_105935.jpg
先日、六本木にある21_21DESIGN SIGHTに、「東北の底力、心と光」展を観に行きました。事前に講演会も予約をしてまして、ホームスパン、裂き織り、刺し子等の展示を観るとともに、充実した時間を過ごすことが出来ました。裂き織り、やっぱりいいなぁ。またトライしたくなりました。

特に講演会の中でISSEY MIYAKEの有名な「プリーツ」が出来るまでの実演を拝見できたのが、なんだか得した気分でした。すごいなぁ~~。感動です。会場のみなさん見とれてました。宮城県にある白石ポリテックス工業という所が、長年ISSEY MIYAKEと共同で洋服を作られています。熟練の女性職人さんが手作業で、てきぱきと進めていき(てきぱきだけど、ものすごい力仕事のようです)、布を広げた時の美しいプリーツには溜息。1枚の布から(プリーツやシワをかける前の布はすごい大きさ!)、洋服になるまでに、当然ながら色々な過程がありました。気が遠くなるような、細かい作業やこだわりです。やっぱり日本のものづくりはすてきです。
今回のように「商品」ができるまでの背景を知ると、ぐっと身近に感じますね。
[PR]
by midoriiro2010 | 2011-08-01 00:04 | お出かけ
<< 整理整頓。お片づけ。 道具は大事 >>