ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

洋服選びが難しい年代のための洋服

a0167750_959272.jpg
アラフォー世代になると、ほとんどの方がぶち当たると思われるのが「体格の変化」。お顔の変化もみられますが毎日見ているから突然びっくりすることはないけど、体格の変化はある日突然「えぇ!」ってびっくりします。私は元々洋服好きなので、昔は給与の半分以上は洋服・靴・バッグにお金を費やしていましたが(今はそんな事してませんヨ)、あまり流行は追わなくなるべく長く着れるものをと選んでいるから、10年近い選手が結構いたのです。でも一昨年位から以前の洋服を着ると、なんか似合わない(これはお顔の変化と連動)、なんか形が何か違う(二の腕が太くなり袖にシワがよったり)、そして破く(キャー!)・・・でもだからといって「ミセス」用の洋服売り場行きにはとても早すぎる(心はまだ若いし)。大量生産品の洋服って、なんか年代が区切られていて、中途半端な私の世代の体格と顔に合う、かわいいい洋服がなかなかないです。あるにはあるけど、「ナチュラル感」をすごく意識したり、ものすごい体格カバー路線だったり、もしくはすごい目の玉飛び出る価格だったり。そして洋服売り場から遠のく→お洒落から遠のく。。。

a0167750_1014233.jpg
そういう時は、同世代の作家さんが作るお洋服が1番いいかなと思います。このブログにもちょくちょく登場しますが、HAYAMA SUNDAYと今年出会ったMAGALI♪どちらもアラフォー乙女心を鷲掴みなのです。
1番上がHAYAMA SUNDAYの先日開催された個展の様子。↑がMAGALIさんのサロペットパンツを履いての写真。サロペット、意外に子供っぽくならず感動。そういう計算をされてデザインされていると思います。
これで当分着るもの安泰・・・
[PR]
by midoriiro2010 | 2011-10-20 00:31 | おしゃれ・美容
<< ホームパーティ わたしのカメラ★ >>