ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

クローゼットの扉はオーダーメイド

a0167750_13063141.jpg
リフォーム時に、作業エリアの奥の壁を全面収納としました。
ここで「予算の壁」にぶつかるのですが、「建具」って意外と高い!建売の戸建てや新築マンション等は既にクローゼットがついているので、扉やドアのお値段が見えないところですが、建具の「枠」の設置工事やらもあるし、想像していたよりもお金がかかる部分なのです。因みに、洗面所、トイレのドアもアンティークのドアを購入して替えたかったのですが、ドア自体のお値段よりも、枠設置のお値段もかかるので、すごすごと辞めました。
お隣の寝室エリアのクローゼットも扉なしでカーテンを自分で作り予算を抑えましたが、ここは布や商品のための収納なので、密封可能なドアは必須(オープンにして色々匂いがつくと困る)です。
無垢のドアがいいな~とメーカーのカタログをみるものの、予算大幅にオーバー!!。。。とそんな時にインテリア事例の本に↑1枚板がこんな大きな扉をクローゼットに設置されているお宅が。早速工務店さんに本を見せて、同じものをお願いしました。材質はシナランバーと無垢ではないですが、塗装も出来て安っぽくないし丈夫なので問題なし。大工さんに作って頂き、メーカーの建具よりもお安く済みました。

a0167750_13210877.jpg
ちなみに中を開けるとこんな感じ。もともとあった家具が入るように、クローゼットのサイズや中の仕切りを決めました。1枚の扉は大きくてもするするっと開けられるし、折戸よりも引戸の扉が好きなので大満足です。


a0167750_13250761.jpg
引き戸の取っ手、後から真鍮とかも良かったかも~なんて思いましたが、こちらの同じ素材でもしっくりきています。
というわけで、建具も大工さんにお願いするという方法もあって、メーカーから買うよりもリーズナブルで済む場合もあるのです♪














[PR]
by midoriiro2010 | 2014-02-10 13:32 | インテリア・住まい
<< 洋服と体系維持 雪の海岸 >>