ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

カテゴリ:台湾の旅2014( 5 )

台湾ショッピング

a0167750_08381856.jpg
誠品生活松菸店という、ハイカラなショッピングセンターにも行って来ました。洒落た洋服屋、雑貨屋がいろいろ入っています。
実はここに入っているインテリアショップで販売されていた、デンマークのヴィンテージの椅子をすごーーく気に入ったのですが、お店の若い従業員の方も日本に発送はされた事ない様子で発送についてはわからず、空港までとりあえず持っていけば何とかなるのではないか?とか色々考えましたが、体調万全でないために、妄想途中放棄(笑)諦めました。

a0167750_08382691.jpg
誠品書店はゆったりとした本屋。日本も少し前は座って本を読んだりするスペースがあるゆったり本屋が結構あったのに、今や蔦谷とか限られた本屋になってしまった気がします。

a0167750_08380967.jpg
友達がこの地下にある、Wu Pao Chunというパン屋が美味しいよ♪と教えてくれたので、こちらが目的でした。店内混んでいたし、ここにいらしてた方は、このお店の紙袋を持っている方が多かったので、大体の方が買い物されるているのかも。パンを少しだけ購入して、お土産のパイナップルケーキはここで購入しました。

a0167750_08373694.jpg
誠品生活松菸店がある敷地に、台湾デザインミュージアムがありました。

a0167750_08375294.jpg
廊下があるし教室のように部屋が並んでいるので、もともと学校だったのかしら?と思いましたが、煙草工場跡地のようです。部屋ごとに色々な展示がされています。かなり広いのですが、古い建具などかなりツボ。トイレの写真撮り忘れてしまいましたが、かわいかったです。

a0167750_08374527.jpg
作家物を販売している雑貨屋もあります。
瀬戸内国際芸術祭を思い出したのですが、そういえば昨年行った際に台湾からいらした方に結構遭遇したので、こういった展示を周るのが日本と同様お好きなのかもしれません♪

a0167750_08380222.jpg
窓から見える景色が良かったので、カフェで一杯一休みしました。

a0167750_08372823.jpg
誠品生活松菸店の川を挟んだ向こう側には、ノスタルジックな古い建物が並んでいます。ところどころビルの建て替え工事を見かけましたが、勝手な言い分だけど近代的な建物に建て替えないで残してほしいなぁと思いました。

このあたりでは買い物はせずに、泊まったホテル周辺が、思いがけず布やリボンなどの問屋街でして、決して綺麗な通りではないのですが、そちらの方が自分的には楽しみました。滞在中に3日通ったお店があったのですが、英語、日本語は一切通じなかったので、意思疎通が殆ど出来ず。お互いジェスチャー、そして友達が登録していたLINE中国語で中国語表示の画面を見せて、こちらの言い分はなんとなくわかってくれたけど、先方の言うてる事がわからず...そしたら翌日店員の彼女のスマホにも、LINE日本語を登録してくれてました~(涙)訳されて表示されてたのは変な日本語でしたが(たぶんこちらが見せた中国語もそうだったに違いない・笑)、言わんとする事は理解できたので、あーーと帰る日になって、お互い意思疎通できました。やっぱりその国の言葉を理解出来た方がいいんだよな、とすっかり忘れかけてた他言語習得の必要性。
そうそう、今回この国で嫌な思いはしなかったですね。

台湾旅行記はこれでおしまいです♪お付き合いありがとうございました。













[PR]
by midoriiro2010 | 2014-11-01 09:33 | 台湾の旅2014

台湾で食べたもの

a0167750_09190158.jpg
台湾で食べたものレポートをまとめて!
ただしガイドブックや雑誌などの情報ではなく、現地の方に聞いたお店や、行き当たりばったりのお店のため、店名や場所を殆ど覚えていないという役立たずレポートです。

先ずは、台湾と言えばマンゴー&かき氷。山盛りですが、練乳かき氷がふわふわしているため、するっと食べられます。台湾ではフルーツの旬が春から10月までのようで、かき氷屋さんも営業自体が10月いっぱいというお店もちらほら。ぎりぎりセーフです。

a0167750_09200846.jpg
カレーライスっぽいビジュアルですが、こちらもマンゴーかき氷です。
ちなみにこちらは日本円で300円ちょっとです♪マンゴー山盛り☆(今回シェアせずに1人1皿!)

a0167750_09193843.jpg
台湾の豆腐に似たオヤツ、豆花も食べました。地味な外観ですが、優しい甘さで美味しいです。

a0167750_09192856.jpg
ホテル近くの屋台で購入しました。トッピング、何を選んでいいのかわからなかったのですが、ちょうど私たちの前に購入していたのが、若い英語が話せる女子達だったので、お勧めを聞いてその通りにしました。お豆3種類(豆の名前は忘れました)をトッピング。温かいのと冷たいのを選べるのですが、温かい方を選んだので、鍋で温めてくれました。

a0167750_09191144.jpg
士林夜市で頼んだ、海鮮麺。すごく美味しかったのですが、不覚にも牡蠣が入っておりまして...数年前に牡蠣にあたった身としては、風邪っぴきで牡蠣を海外で食べる勇気は勿論なく。牡蠣エキスのスープもあたるのが恐ろしくて、半分以上残してしまいました。うーー、ごめんなさい。

a0167750_09185259.jpg
ホテルのフロントのお姉さんに聞いて行った観光客はいなそうな食堂にて、魯肉飯と鶏肉スープ。これが初めて台湾で食べたご飯♪


a0167750_09191933.jpg
同じく地元の人でにぎわう食堂にて、汁なしラーメン。近くのお茶屋さんでオススメを聞いてきました。日本語を話せる女性だったのですが、親切に紙にオーダーするものを書いてくれたので、紙を食堂で見せてオーダー完了。
外食が一般的な国のようで、会社帰りで1人で夕食を食べる方も多いし、そして何よりもお酒を飲んでいる人を見ない。お水やお茶も食堂にはないし。。。水分はスープからか!?

a0167750_09194703.jpg
そんなにお腹は空いてなかったけど、せっかくだから食べたいよねとふらりと入った食堂にて。蒸篭の下にはまだ小龍包があります...
2人で頼みすぎだって!誰か、それ多すぎるよって教えてくれって!(笑)


a0167750_09201630.jpg
唯一、店名をあげられる、小龍包で有名なディンタイフォンにて、ランチのコース料理。しかし多すぎて食べられない~小龍包は流石に美味しかったです。お店もすごい混んでました。わたくし日本のも行ったことがなかったから、初めてです。

こうやって写真を見ながら、私たちが食べたのは高級料理じゃなかったけど、また食べに行きたいなぁと思う国。








[PR]
by midoriiro2010 | 2014-10-31 17:32 | 台湾の旅2014

台北の老舗豆乳屋

a0167750_06254001.jpg
行列レポート@台北!
台湾に行った友達から是非とも行ってきて~とお勧めされた50年の歴史の豆乳屋・阜杭豆漿に滞在中2度行ってきました。常に行列の出来るお店みたいです。ぐるりと行列、まだまだ前に続いています。

a0167750_06254937.jpg
ようやく店内まで到着。列の長さの割には進むのは早いです。

a0167750_06260814.jpg
こちらで注文します。テイクアウトの方も結構いるので、1、2名であればイートインの席はすぐ見つかると思います。

a0167750_06261811.jpg
1度目は勝手がよくわからずアワアワしてしまいましたが、指差確認して何とか注文終了。スマホの画面を見せてオーダーされている方もいました。

a0167750_06255943.jpg
カウンターのお隣では、黙々とパンを作られています。揚げパンもたくさん!

a0167750_06253189.jpg
温かい豆乳、蛋餅(たまごのクレープみたいなの)、厚餅夾蛋(薄餅に揚げパンを挟んだもの)を1度目は注文しました。ホテルの朝食は食べずにここに早めに来たのです。大きなどんぶりに入った豆乳は砂糖が少し入っているので、ほんのりした甘さでクセが全然なくてとても美味しい~揚げパンは甘いイメージがありましたが、全然甘くなく。油っぽさもそんな感じないから1人でも食べれます。これ全部で日本円だと300円しなかったと思います。

a0167750_06262608.jpg
2度目はホテルで朝食を食べた後に来たのですが、冷たい豆乳と鹹酥餅 (甘いパイ)を頼みました。どんぶり1杯、冷たいのを飲むのはお腹が弱い人にはキツイかも。温かいのをお勧めします。パイはあんこみたいなのが入っていて好みの味でした。
私は普段から牛乳は飲まずに豆乳派なのですが、豆乳ニガテな方でも全然大丈夫な味だと思います♪

こんな豆乳屋が日本にあったら通うのになぁ。
今度台湾に来たら絶対に来ようと思います。











[PR]
by midoriiro2010 | 2014-10-29 07:07 | 台湾の旅2014

目的は駅弁

a0167750_09500432.jpg
台湾旅行記再び!
台北にて女子達が大好きなマッサージ、グルメ、買い物。。。などはあまり興味がない天邪鬼な私たち(いや、やりましたけど・笑)。
先月「食彩の王国スペシャル」で観た、台湾の駅弁(正しくは便當(べんとん))が心の片隅にあった私たちは、前日の夜中に「明日あの駅弁食べに行こう!」と突然決め、行先、電車の時刻などを調べて(友達が調べてくれました)、翌朝早起きをして特急電車で目指すは「池上駅」「関山駅」です!↑新しい特急電車で中は綺麗でしたが、冷凍庫のように冷え冷えの車内でした。冷房にはかなり強い自分ですが、風邪で弱っている身体にはキツかった~

a0167750_09511516.jpg
台北より特急電車で3時間ほどで、池上駅に到着。テレビで観た「べんとーん」の掛け声のお姉さんをめがけて飛び降りて、みなさん駆け寄ります。
思っていたよりもお姉さんが何人かいたので、そんなに並んで買う必要もなく停車時間内余裕でした。

a0167750_09495754.jpg
これこれ~、感動!(番組を観た人にしかわからないでしょうが)

a0167750_09505154.jpg
ここのお弁当は作り立てを販売するので、温かくて、コンビニなどの「お弁当」の長時間保存するための薬品的な味(どんな味だ)はしなくて美味しかったな♪
お次の駅、関山もお米が有名な場所なので、関山駅で下車することにしました。

a0167750_09505842.jpg
滞在時間が3時間近くあったので、レンタサイクルでサイクリングコースを周ろうということになったのですが、どこが「サイクリングコース」なのかイマイチわからず。。。とにかく田んぼの道沿いを駆け抜けました(笑)途中、どこかのお家の番犬たち(繋がれてません)に追いかけられそうになって、焦った~

a0167750_09504046.jpg
駅前にはお弁当を販売&イートインできるお店がありますが、既に池上の駅弁を食べたので私たちはここには入りませんでした。近くのスーパーマーケットでお米が販売されていたので、勿論お土産用に買いましたよ。(海外で米を買う者は早々いないに違いない...)

a0167750_09510771.jpg
帰りの電車に乗り込む直前に「べんとーん」の掛け声に気づき、慌ててお弁当を購入。

a0167750_09494353.jpg
味は池上の駅弁の方が好みでした。
帰りの電車は特急電車が満席だったので、各駅で帰りました。帰りは5時間も電車に乗って...さすがに飽きました。
でも丸1日かけて、駅弁の旅。なかなか面白かったです♪











[PR]
by midoriiro2010 | 2014-10-28 10:27 | 台湾の旅2014

台湾ツアー・初日編

a0167750_09141901.jpg
先週の火曜日から台湾に行ってました。
先々週にまさかの風邪をこじらせて寝込み、製作スケジュールが遅れてしまい申し訳ない気持ちと、咳ゴホゴホで果たして行けるのか不安な気持ちを抱えて、早朝便の飛行機に友達と乗り込みました。
体調万全ではなくても晴れ女パワーは健全で、滞在中ちょびっと傘を差した程度で、↑雨が降ることが多いと言われる「九份」ではステキな夕日に遭遇できました。

a0167750_09132661.jpg
というわけで、到着当日の、とても病人とは思えないハードスケジュールを思い出しながら。。。
9時頃現地到着後、ホテルまでバスで送ってもらい(ツアーだったので各ホテルまで送迎付)、着いた早々マッサージへ(笑)。2時間のオイルマッサージで旅の疲れを癒していただきました。
その後ホテルに戻ってチェックイン、近くの食堂で遅いお昼ご飯後に、申し込んでいた九份ツアーのバスに乗り込みました。自力で行くことも考えましたが、台北中心から意外に遠いこと、交通の便もちょっと面倒だったのでツアーにしましたが、正解でした。

a0167750_09131910.jpg
バスで山道を登り、駐車場から中心地までフォトジェニックな風景に色々出会いましたが、カメラは持参していなくて(病人には重すぎる荷物)ちょっと後悔。↑夕食付のツアーだったのですが、こちらのレストランでいただきました。

a0167750_09141262.jpg
ガイドブックなどでよく拝見するこちらの有名な通り。映画・千と千尋の神隠しの舞台ではないか?ということで有名ですが、私は映画を観ていないためよくわかりません(笑)でも観光客でごった返しておりました。


a0167750_09131347.jpg
帰りのバスで、希望者は士林夜市で降ろしてくれます。勿論私たちは下車して、平日22時位なのに活気のある夜市を堪能しました。地上は土産屋はゲームコーナーや。金魚すくいではなく、海老釣りがあって惹かれましたが、釣れてもどうにもできないですしねぇ。。。

a0167750_09130760.jpg
地下は色々な屋台が並んでます。みんなこんな時間に夜ご飯をわいわい囲んでおります!勿論私たちも食べました。

初日から飛ばしすぎた感がありますが、旅はこの位ハードではないと時間が足りません~ゴホゴホ。
という事で、暫く台湾レポート続きます♪









[PR]
by midoriiro2010 | 2014-10-27 09:43 | 台湾の旅2014