ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

カテゴリ:もの作り( 112 )

子供織り機で♪

a0167750_09554127.jpg
ドイツの子供用織り機、Inesを購入。
大きい卓上織り機があるのだけど全然使っていなくて、これなら場所も取らないし準備も簡単なので、時間が空いている時に使えそう!ちゃんとした織り機ではないので、経糸に使ったリネンの糸がたわまないか心配だったけど大丈夫でした。

a0167750_09554425.jpg
フィンランドのポッパナ。
バイヤス状に裂かれたものが市販されています。数年前に糸専門店にて購入していたものをごそごそと出しました。
5円玉に通して起毛させました。

a0167750_09554837.jpg
裂き織と同じですが、ポッパナはバイヤス状に裂かれたテープのせいか、起毛した手触りが柔らかくて好きです。
もうずっと前に、フィンランドやイギリスに行った時に現地の織り先生に習ったことを思い出して♪子供用といっても全然具合もよろしい。



そして昨日の「下町ロケット」はまさかの財前部長出番なし(涙)
クリープを入れないコーヒー状態。
来週の予告では出番あるようだが。。。今週は財前ロスでスタート!







[PR]
by midoriiro2010 | 2015-11-30 10:13 | もの作り

冬用の生地

a0167750_07463871.jpg
帆布だけど、起毛っぽいめずらしい限定生地は、水通しする前はずっしりして重かったのですが、簡単に洗って乾かしたら、柔らかくくったりと軽くなった〜
今は身軽だけど、冬はたくさん着込んで自分自身が重くなるから、重いバッグは持ちたくないので一安心。
。。。と冬の装いを想像して、これを使って何を作ろうかな♪

同じグレーでも、染色具合で微妙に濃さが違って面白い。






[PR]
by midoriiro2010 | 2015-08-20 07:48 | もの作り

bon bon bon

a0167750_14323907.jpg
今の時期、暑い画像でごめんなさい~
ボンボン製作中。革紐をつけて大人仕様。
バッグ製作と違って、こういうのは無心になれて面白い。

10年位前に、イギリスで紡ぎと織りを習った際に紡いできた糸を使ったので、市販の毛糸とは一味違います♪糸として使うには、太さが均等ではないけど(初心者の紡ぎのため・笑)、クラフトの材料にすると逆に味が出るかも。

a0167750_14385918.jpg
原毛から糸を紡いだのですが、もうやり方は忘れてしまいました。
フェルトとしても良さげな上質なものです。

a0167750_14301571.jpg
この間掃除をしていたら、行方不明のこちらが出てきて嬉しかったです。
左上は自作のニット帽。久しぶりにかぎ編みやりたい。
右側はストックホルムのオーガニックの洋服屋で購入した手編みのネックレス。洋服が高価すぎて、唯一躊躇なく買えたのがこちらだったな~
下は、イギリスの織り先生から頂いた、もちろん手織りの巾着。
どれも良い糸を使っているから、もちろん現役になります。
そして人の手が入ったモノは、その時の情景がすぐによみがえります。











[PR]
by midoriiro2010 | 2015-06-27 15:10 | もの作り

ふんわり

a0167750_11042284.jpg
バッグでも洋服でも、タックとギャザーが好きです。
作るのは手間はかかるけど、布を寄せることで出来るふんわりとした膨らみが、なんとも乙女ゴコロをくすぐります。お店でもスカートのウエスト部分や、ブラウスの袖にあるギャザーのボリューム具合のチェックをついつい入れてしまいます~~
これは布の特権ですな♪





[PR]
by midoriiro2010 | 2015-05-19 11:14 | もの作り

工場見学

a0167750_13362332.jpg
3月の話になりますが、私が作るバッグに使用されている、岡山県にある帆布の工場内を見学させていただきました。

明治時代から使われているシャトル織機で生産されているこちらの帆布ですが、もともとはこんな糸から始まります。えいっと引っ張ると切れてしまう繊細な原糸です。


a0167750_13363192.jpg
そんな繊細な原糸そのままは使えないので、複数の原糸を1本の糸にしていきます。先ほどの写真の1本のロールが終わると続いて次のロールへと糸同士を繋ぐ作業は人の手で。

a0167750_13363806.jpg
続いて糸により(ねじりあわす)をかけて更に強度をつけます。毛羽立ちを防ぐ目的もあるようです。

a0167750_13364141.jpg
続いて撚糸された糸を機械用に整えています。巨大ロールに巻かれてます。
↑糸の段階で染色されたもの

a0167750_13364648.jpg
ロールに巻かれたたて糸を、織機のパーツに通す、経通し(へどうし)を行っていらっしゃいます。何とも細かい作業です。
私も何度か手織りの経験があるのですが、その際にはこちらと同様の作業を行い、いやーー苦手です(笑)
今や目が衰えているので、更にキツイに違いない。。。

a0167750_13364925.jpg
いろいろな手順の後、ようやくヨコ糸をセットされ平織りに。
この部屋は会話が出来ない程かなりの機会音です。

a0167750_13365631.jpg
織られた帆布を検品したり保管のために折る部屋は、チェックしやすいよう自然光をたっぷり天井から取り入れてます。

a0167750_13370011.jpg
体育館のマットを思い出します~
こちらを持ち上げるのを想像しただけで、持病の腰痛が一気に悪化しそうです!笑
ここから染色等の加工をしたりと、まだ作業が続くものもあります。
機械化といっても人間の手は入るし、老舗繊維メーカーながらしっかりと作られていることをこの目で確認できたので来て良かった。

a0167750_13384472.jpg
そうやって作られた帆布が我が家のアトリエに。
1枚の布から立体にさしあげる番です。
おう、オレにまかせろ。









[PR]
by midoriiro2010 | 2015-05-06 14:33 | もの作り

下準備

a0167750_10061801.jpg
下ごしらえをする料理と同じで、布にも必要であります。
昨晩ざぶざぶと水につけてアイロンをかけて織目を整えたので、これから接着芯を2重に貼って、1日落ち着かせてから裁断、そしてようやく縫製に入ります。
リトアニア製のリネン、良いバッグになりますように♪






[PR]
by midoriiro2010 | 2015-04-09 10:14 | もの作り

底のかたち

a0167750_15400927.jpg
バッグの底が円形と正方形と長方形を使い比べ。

丸いのと真四角なのは大きすぎるとマチが大きくなるので、たとえば電車で肩に掛けて立った時に、バッグの大きさがもう1人分位の場所をとるほどになったりと。そうすると長方形だったらマチはそこまで大きくならないから、満員電車でも邪魔にならないかな。
そういえば前にパリで買ってきた横幅が長いカゴバッグ、かわいかったけど幅がありすぎて、電車で座ると両隣に座る膝の上にまで侵入しちゃって(カゴだから折りたためず)直ちに使えなくなりました。
沢山入るバッグは便利だけど、公共の場で人様に迷惑はかけてはいけぬ~~

というわけで、円形・正方形は大きくしすぎず、長方形は幅を長すぎず!











[PR]
by midoriiro2010 | 2015-04-07 16:16 | もの作り

銀座三越

a0167750_20090447.jpg
大人の素敵洋服を作る友人デザイナーのアパレルブランド、HAYAMA SUNDAYのPop Up Shopが本日より銀座・三越で開催されました。
この度バッグブランドisokassiがHAYAMA SUNDAYとのコラボバッグのお話をいただき、出展させて頂いております。北欧のファブリックと倉敷産帆布とのカラフルな2Way Bagや、定番のPouch Bagをご用意してます。写真に写っていないバッグも何点かありますので、春の装いを探しにぜひ足を運んで頂けたらと思います。

期間:3月4日(水)~ 3月17日(火)
会場:銀座三越8F LIVING & ARTフロア
詳細は、HAYAMA SUNDAYのサイトでご確認ください♪






[PR]
by midoriiro2010 | 2015-03-04 20:34 | もの作り

タペストリーにはならない

a0167750_15100291.jpg
厚地で大きくて柄が良くて状態合格のヴィンテージファブリック(↑これは折っているので倍の大きさ)をタペストリーとして部屋に飾ったら素敵だろうな~と、いつも勿論思うのですが、やはりそのうちバッグになる運命と思います。。。







[PR]
by midoriiro2010 | 2015-02-12 15:18 | もの作り

ブルー系

a0167750_09355055.jpg
水通しも終わったので、今日から数日間ブルーに気持ちを集中。
しかしながら、仕入れした布の到着が遅れてます。。。

個展のテーマは決まったのに、寸法を決める時点でどうしてもサイズが大きくなりがちな我がバッグたち。。。それも必要ですが、見た目コンパクトでも使い勝手が良いのも永遠のテーマです。







[PR]
by midoriiro2010 | 2015-02-06 09:49 | もの作り