ブログトップ

isokassi*

isokassi.exblog.jp

カテゴリ:イギリスの旅2017( 6 )

ロンドンぶらぶら

a0167750_08144263.jpg
不思議なことに、視覚での懐かしさをほとんど感じなかったなぁ。
昔住んでいた時に、何度も通った写真のオックスフォードサーカスからピカデリーサーカスまでの続く、リージェントストリートを通っても、うわって感じなかったです。
デパートのリバティーも然り。
ヒースローに着いた時の匂い、地下鉄の匂いのみ懐かしさを感じました。やっぱり嗅覚の記憶って一番なんですねぇ。

a0167750_13282443.jpg
大好きなサウスケンジントン周辺を歩いて、ちょこちょことあるブティックを眺めながら。
そこから歩いてV&Aの前の通りをハロッズに向かって歩いて、北欧関連のお店Skandium、キッチン雑貨Divertimenti、収納家具でお馴染みのKartellに寄りました。

a0167750_13281600.jpg
コンランショップにも寄ってきました。日本のよりも広くて品揃えも豊ですが、お値段は日本と変わらない印象かしら。ここでも店員の方も親切だったなぁ♪

a0167750_13283589.jpg
20年前とはもう全く違うであろうポートベローマーケットには興味がなかったのですが、美術館やショップがオープンする前の早い時間を前に、ノッティングヒルゲート駅で降りて、懐かしい街並みを散策。

a0167750_13285258.jpg
a0167750_13284260.jpg
このあたりはなんとなく記憶にある~!

a0167750_13280943.jpg
今回の宿は、ヒースローからアクセスの良いパディントン駅近くにしました。(まぁどこにでもあるB&Bなので紹介はしません)着いた当日に宿の周辺をぶらぶら歩いて、大通りから裏路地っぽいところに入ると素敵な家が並んでいたりして、こんな時にちょっとした嬉しさがこみあげたり。

a0167750_13290478.jpg
最終日は夜のフライトだったので、1日有効に使える~!と思っていたら、朝からロンドンでは珍しい?結構な雨とジャケットが必要な位の寒さだったので、チェックアウトぎりぎりまで宿で待機という、時間勿体無かった(涙)
その後エンジェル駅を出て、ちょっと歩くとぽつぽつと可愛いお店が並んでいるのですが、ここでは最後のショッピングを楽しみました。
ホントはウェイトローズで食品を買って帰ろうと思っていたけど、OPEN時間に間に合わなかったり(夜9時まで明るいので間違える!)と結局行けず。すぐに見つかる庶民のお店TESCOでお菓子類をお買い上げ。あ、ピカデリーサーカスのホールフーズマーケットには寄りました。

a0167750_13290974.jpg
今回ANA利用だったので、ヒースローのターミナル2利用。
コッツウォルズで一緒だったご夫婦が、ANAは乗り場が遠いからBAにしたという話が納得いくほど、ちょっとしたエクササイズ並に歩きます。きれいだし、免税店も充実してて良いですが、余裕もっていっても時間はあまりなかったなぁ。

a0167750_13291426.jpg
4泊6日の短い旅だったけど、来てよかった。
また来るよ!と思うための旅だったかもしれませんねぇ。






[PR]
by midoriiro2010 | 2017-06-20 09:01 | イギリスの旅2017

ハロッズでアフターヌーンティ

a0167750_12423792.jpg
ロンドンに来たからには、アフタヌーンティをせねば。
唯一の問題は、今回の旅は単独行動。。。
1人アフタヌーンティしても大丈夫そうなのはどこだろうと、(昔)何度か来たことがあるハロッズのティールームかもしれないと来てみたが、今や全く記憶になかった!
4th floorだっけ?こんなにハロッズ広かったけ?と迷子になるも、親切な店員の方がティールーム・The Georgianまで連れてきてくれました。
余談ですが、今回の旅ではどこでも店員の方などに大変親切にいただき、たぶん1人マダム(日本ではBBAだが)のつたない英語の旅行者だからだったかなぁと思ったけど、短期間な旅でも、とってもheartwarmingな旅だったなぁ^^

a0167750_12424316.jpg
アフタヌーンティですが、これまた記憶にはない、結構なお値段(笑)
日本のホテルでもアフターヌーンティを味わえますが、それの倍の金額ぐらいはしたかな?
ただやっぱり紅茶は本場が美味しいと感じます。
サンドイッチ、ケーキ、スコーンはおかわり自由で勧められましたが、美味しいけどこんなに小麦粉食べられない~~残したものはサンドイッチ以外お持ち帰りOKです。
ただやっぱり感じたのは、これは1人では楽しめない(涙)
一緒に味わう相手と楽しい会話があってからこそ、優雅なひとときをじっくり味わえるのではないでしょうか。

a0167750_12425091.jpg
↑全く関係ない写真ですが、ロンドンではなく、昨日横浜で25年のつきあいの友人達とランチ(+アルコール1人4杯)をしました。
この面子で一緒にアフタヌーンティをしたらどんなに楽しかっただろうかと思わずにいられない~







[PR]
by midoriiro2010 | 2017-06-18 13:07 | イギリスの旅2017

移転したデザインミュージアムへ

a0167750_22400464.jpg
記憶の中では移転前に一度訪れているようなないようなデザインミュージアムにやってきました。


a0167750_22421832.jpg
日本でもコンランショップでお馴染みのテランス・コンラン氏が設立したこちらのミュージアムは、とっても贅沢空間。勿論、常設展示は無料ですよ。

a0167750_22401664.jpg
常設展示の「Designer Maker User」の入り口では、あー、これ私も持ってる!ってのが。

a0167750_22402497.jpg
利用された方ほとんどの方が、ロンドンの地下鉄って乗り方がわかりやすいと思っていると思う。贔屓目じゃなくとも。こういうのもデザインなんですよねぇ、当然のことながら。
→ただ、自動販売機が現金を使おうとすると、おつりが出ないのがほとんどで(ぴったりでなくてはいけない)クレジットカード精算で過ごしました。有人の窓口もほとんどなくなっており、英語圏ではない観光客はどこを押せばいいんだ!的に結構列を作ってましたなぁ。

a0167750_22420500.jpg
我が国の歴代SONYさんが並んでおりました。

a0167750_22413198.jpg
a0167750_22421244.jpg
a0167750_22422935.jpg
こちらも常設の、Cartier in motionです。
歴代のカルティエ高級腕時計がずらり勢揃い。
あー、若い頃この時計欲しかったのよねぇボーナスで買おうか迷ったのよねぇってのがありましたが、今となっては買えないよ何故だ(笑)

a0167750_22422453.jpg
そんな私には無縁の時計よりも、こっちのエッフェル塔をじっくり拝見しました。美しい。

a0167750_22423555.jpg
お土産ショップも充実してました。
隣接のホランドパークに寄りたかったのですが、雨が降りそうな空模様と美術館巡りをするとどっと疲れるという有様だったので辞めたのですが、今これを書きながらそんな疲れてなかったはず、寄れば良かったと後悔中です。(そこが大して見どころがないと願います)








[PR]
by midoriiro2010 | 2017-06-15 22:29 | イギリスの旅2017

コッツウォルズへ

a0167750_15471419.jpg
日帰りコッツウォルズ・バスツアーへ参加。
しかし、こんな日に限って腹痛。。。
こういう事もあろうかと、赤玉を羽田空港の薬局で購入して服用したのに、全然効かんよ(汗)

a0167750_22333727.jpg
空模様も私のココロを反映しているようで、雨が降りそうでした。
とにかく、バスが停まる場所でトイレに駆け込むっ!

a0167750_22351770.jpg
そんな道中ですが、ガイドさんのお話、聞きやすくて楽しかったな(日本語です)
前回同じ場所にガイドされた時に、白鳥に赤ちゃんが産まれて。。。と聞いた白鳥の親子。
(話は違いまますが、一昨日、映画・ブラックスワンを観てどんよりしてしまった)

a0167750_22334637.jpg

a0167750_15474441.jpg
ツアーは満席で、初めましての方々と楽しく会話させていただきました。
私は単独参加だったけど、単独だとこんな旅先のちょっとした出会いがまた楽しい。

a0167750_22384632.jpg

a0167750_15481419.jpg
一般のお家なんだけど、願わくばお宅拝見させて欲しいなぁ。
派手さもなく、豪邸でもないイギリスのインテリア、好きなのですよ。

a0167750_15484445.jpg
車でないと観光難しいコッツウォルズ。
以前住んでいた時は湖水地方には訪れたけど、ここは初めて。
腹痛のため、ランチも楽しめず(欲望のまま食べた後が恐ろしい)不完全燃焼だったけど、それまた思い出のひとつ!







[PR]
by midoriiro2010 | 2017-06-14 22:55 | イギリスの旅2017

ビクトリア&アルバート博物館

a0167750_11423497.jpg
ビクトリア&アルバート博物館(V&A)に行きました。
大英博物館やナショナルギャラリーは何度か訪れた事があるけど、V&Aは全く記憶にない(笑)

a0167750_11425325.jpg
圧倒的なコレクション数で、とっても楽しめました、が、普段筋トレをし歩くのもニガテではないのに、途中足が痛くなるほど疲れました~!ですので、全て周る方は覚悟が必要かも!

a0167750_11424100.jpg
無料でこれだけの美術品を観ることが出来るなんて、日本は到底かなわないですね。。。写真も撮っていいし。展示品のみならず博物館自体の建物、光の取り入れ方が素晴らしい♪

a0167750_11425817.jpg
色々見どころ満載なV&Aですが、アイアンコレクションエリアで一番気に入ったこちら。海の近くの我が家ではアイアン、すぐに錆びてしまうから身近な物じゃないから、沢山観れて嬉しい。

a0167750_11433183.jpg
a0167750_11431641.jpg
ガラスコレクションではお持ち帰りしたいグラスちらほら。
撮影禁止のジュエリーエリアでも1つ1つじっくり眺めて。

a0167750_11430549.jpg
ファッションエリアも充実。

a0167750_11431046.jpg
このあたりまで来ると見覚えあるテキスタイルだったり。

a0167750_11433798.jpg
陶磁器の数が凄かった!写真は取らなかったけど、天井までのガラスケースに年代や国別の作品がびっしりでした。↑ここはゆったりとした展示スペース。

a0167750_11434270.jpg
家具エリアも行きたかったので迷いながらもようやく辿りつきました。

a0167750_11435169.jpg
それぞれのお国エリアがあるのですが、日本とイギリスのみ観ました。イギリスではウィリアムモリスの作品が。

興味あるものだけ周りました。ここのティールームも評判が良いので行きたかったけど、時間がなくて断念。全て周ったら余裕で1日かかりそうです。あ、お土産ショップも充実してます。私はポストカードとポスターをお買い上げ。
今度来たらまた来ようと思います♪





[PR]
by midoriiro2010 | 2017-06-13 08:36 | イギリスの旅2017

ロンドンに行こう!

a0167750_12511005.jpg
10年ぶりに、イギリスに観光旅行してきました。
今回5回目の渡英。
やっぱりここは、5月~7月がベストシーズンです。

a0167750_12512290.jpg
都会なのに、緑が沢山あるロンドンが大好きです。

a0167750_12511520.jpg
芝生があれば、そこは友人や家族や恋人たちが語り合う場所に。
フライト12時間はキツイけど、帰国してもまた行きたくなるなぁ(というか、また暮らしたい^^)






[PR]
by midoriiro2010 | 2017-06-12 18:50 | イギリスの旅2017